後遺障害等級認定の流れ

後遺障害等級認定 被害者請求の流れ

ここでは、後遺障害等級認定の申請の被害者請求手続きを、行政書士に依頼した場合の、簡単な流れをご紹介します。

認定結果に納得がいかない場合の、異議申し立ての手続き手順も同様です。

1.相談・契約
まずは、電話やメールで相談をし、依頼内容や諸費用を承諾できるようであれば、正式に契約をします。
手続きが円滑に行えるように、信頼関係を築くことも大切です。

2.後遺障害の状況の確認
後遺障害の状況について詳しく話し、後遺障害等級認定手続きの方針の提案がなされます。

3.提出書類の検討
後遺障害等級認定手続きに必要な、後遺障害診断書などの書類について検討をします。
ほかに追加すべき資料などがないか検討され、提案がなされます。

4.申請書類の作成
後遺障害等級認定の、被害者請求に必要な書類の作成が行われます。
異議申し立ての場合は、異議申し立て書の作成が行われます。

5.後遺障害等級認定の申請
自賠責保険に対して、被害者請求による後遺障害等級認定を申請します。

6.認定結果と支払い
自賠責保険会社から認定結果が伝えられ、等級認定がなされます。
認定額が支払われます。

後遺障害等級認定の流れ

後遺障害等級認定の申請を行った後、等級を認定するのは、損害保険料率算出機構です。
後遺障害の等級が認定されるまでの流れは、次の通りです。

1.自賠責保険の保険会社は、請求書類を受け取ったら、不備がないかをチェックしたのち、損害保険料率算出機構が設置する自賠責損害調査事務所に、請求書類を送付します。
2.自賠責損害調査事務所は、自賠責保険の支払い対象の事故であるかを判断した上で、後遺障害と事故との因果関係などを調査し、後遺障害等級認定を行います。
3.後遺障害等級認定結果を、自賠責保険の保険会社に伝えます。

通常、傷跡などの確認を除き、認定は書類のみで行われます。
後遺障害診断書など、書類が大きな鍵を握ることはいうまでもありません。
後遺障害等級認定の申請は、被害者請求として、弁護士や行政書士に手続きを依頼するのが、もっとも安心で確実な方法ではないでしょうか。