後遺障害等級認定への異議申し立て

等級認定に納得がいかない場合

認定された後遺障害等級の結果に不満があり、納得できない場合には、異議申し立てをすることができます。
異議申し立てをして、後遺障害等級の再認定をしてもらうのです。
例えば、高次脳機能障害など、日本に専門医がまだ少ない状況では、症状の理解がなされないまま、後遺障害診断書が作成されるケースも多々あるのが現状です。
認定された後遺障害等級が納得できないものであれば、決してあきらめずに再認定の手続きをとることをおすすめします。
異議申し立てには、新しい診断書が必要になります。

異議申し立てをするには

異議申し立てをするときも、被害者請求と加害者請求の方法がありますが、申請時と同様にメリット・デメリットがあります。
異議申し立てには、新しい後遺障害診断書の提出が必要になりますが、同じ医師の診断書がよいのか、別の医師のものがよいのかという問題があります。
同じ医師の場合は、書き足した部分に理由を添える必要があります。
もし、同じ診断書を提出したり、理由の記載がなくただ書き足しただけのものでは、再認定の際に等級が変更になることはないでしょう。
できれば、別の医師に、新しく後遺障害診断書の作成をしてもらうのがよいでしょう。
このような場合にも、後遺障害の等級認定に詳しい弁護士や行政書士に依頼すれば、円滑に手続きが進むと考えられます。