後遺障害等級認定の申請

2つの請求方法

後遺障害等級認定の申請には次の2つの方法があります。

1、被害者請求
交通事故の被害者もしくは被害者の代理人が、後遺障害診断書などの書類を用意し、自賠責保険会社に提出し、後遺障害等級認定を申請する方法です。
その後、損害保険料率算出機構によって、等級認定がなされます。

2、加害者請求(事前認定)
加害者側が加入している任意保険会社が、被害者の代わりに等級認定の申請手続きを行うことです。
自賠責保険と、任意保険の手続きを一括して行ないます。
保険会社は、事故発生後、被害者の委任状を受けた上で、後遺障害診断書などの書類を集め、損害保険料率算出機構に提出して等級認定がなされます。

被害者請求のメリット・デメリット

<メリット>
・被害者本人が、書類を集めることができるため、手続きの透明性が保たれ、また、重要な情報を入手することができます。
・後遺障害等級認定がなされると、先に自賠責の損害賠償が支払われます。

<デメリット>
・手続きが煩雑で、非常に手間がかかります。

加害者請求(事前認定)のメリット・デメリット

<メリット>
・手続きは保険会社が行ってくれるため、手間がかからない。

<デメリット>
・保険会社は、会社の支出である賠償額を増やすために、書類収集などの努力をしない可能性があります。
・被害者に有利な、重要な医療情報などが加害者側の保険会社に握られ、提出されない可能性があります。

弁護士・行政書士に依頼するメリット

どちらの請求方法も、メリット・デメリットがありますが、弁護士や司法書士に被害者請求を代理で行うのもひとつの方法です。
交通事故の後遺障害について詳しい、また法律や交渉の専門家である弁護士・行政書士であれば、安心です。
煩雑な請求手続きも心配ありませんし、後遺障害診断書の中身をチェックして、書き間違いや見立て違いなどのミスを発見して、トラブルを未然に防ぐことも可能です。
後遺障害等級認定の申請の際は、弁護士・行政書士に相談することをおすすめします。