後遺障害等級認定について

後遺障害等級認定基準の4つの要件

後遺障害等級認定をする上で、重要とされている基準は、次の4つです。
このうち1つでも欠けていると、後遺障害等級認定はされないといわれています。

1.交通事故が原因
症状固定の時点で、残っている症状と交通事故に因果関係がある。

2.回復の見込み
今後将来にわたって、 回復が困難であると見込まれる状態である。

3.症状の存在
症状の存在が医学的に認められいてる。

4.労働能力の喪失
一般的な労働能力の喪失を伴う症状である。

後遺障害の損害賠償項目

交通事故において、後遺障害等級認定された場合には、次のような損害賠償項目を請求することができます。

1.傷害部分
<積極損害>治療費等、事故がなかったら支払うことのなかった費用
<消極損害>休業損害等、事故がなかったら得られるはずの利益
<慰謝料>怪我等に対しての慰謝料

2.後遺障害部分
<慰謝料>後遺障害に対しての慰謝料
<逸失利益>労働能力の喪失による、将来手にするはずだった収入
<その他>住宅をバリアフリーにするなどの改造費等

もし認定されなかった場合は、1の傷害部分のみしか請求できず、2の後遺障害部分は請求できません。

後遺障害等級認定の重要性

後遺障害等級が認定されるのと、されないのとでも大きく違いますが、どの等級に認定されるかも、たいへん重要です。
正しく認定されなければ、損害賠償額が大きく減額されてしまうからです。
例えばむち打ち症で、14級9号が認定された場合、自賠責保険では、後遺障害部分で75万円支払われ、12級13号が認定された場合は、同じく後遺障害部分で224万円支払われます。
重度の後遺障害では、1等級の差が、さらに大きな差となります。
適正な等級の認定を受けることで、正当な損害賠償額を受け取ることができるのです。