後遺障害について

後遺障害と後遺症

後遺症という言葉をよく耳にしますが、後遺障害と後遺症は、意味の違いはほとんどありません。
自賠責保険等の支払手続きの分野では、法的に後遺障害という言葉を用います。
後遺障害は、後遺障害等級認定制度という制度にもとづき、等級認定された後遺症であるといえるでしょう。
認定されなくても、なんらかの症状が残れば、それは後遺症であるといえます。

症状固定とは

医学上一般に認められた治療をした結果、傷病の症状が安定して、それ以上の回復や改善が期待できなくなる状態を、症状固定といいます。
一般に認められた治療というのは、実験的あるいは研究的な治療方法は含まないということです。
リハビリなどで、一時的に改善しても、すぐに症状が戻ってしまう場合など、一進一退の状態は、症状固定の状態であるといえます。
残っている症状が後遺症であり、この後遺症が後遺障害等級として認定されるよう申請します。
症状固定日が決まると、その日以降の治療費、交通費などは、賠償の対象外となります。
症状固定日以降に通院する場合は、健康保険の適用となります。

自動車事故による労災の場合

業務中に起きた災害で被った怪我、病気、障害、死亡などの労働災害については、労災保険が適用されますが、労災保険にも後遺障害の認定制度があります。
しかしながら、交通事故と労働災害では、等級や補償などに違いがあります。
また、業務中や通勤中などの交通事故での労働災害の場合、まず自賠責の等級認定を行い、その後に労災の障害認定を行なうということになります。

目に見えにくい後遺障害

後遺障害には、目に見える後遺障害と、目に見えにくい後遺障害とがあります。
大きな傷跡や手や足の可動域を数値に表われる症状などは、状態が把握しやすいのですが、むち打ち症や高次脳機能障害などは、目に見えにくく、後遺障害等級認定でも、問題になりやすいところです。

【むち打ち症】
手足のしびれ、麻痺、頭痛など、頚部損傷によってあらわれる神経症状であるむち打ち症は、交通事故の被害の中でもっとも多い症状ではないでしょうか?
本人の訴えが判断の要素となるため、認定が難しくなります。
画像診断を利用して、異常が発見された場合は12級、異常がある上に日常生活や労働にかなり制約がある場合は9級、画像では異常は見られないが被害があるという場合に14級と診断されることが多いようです。
MRIを行なわない病院もあり、後になって行なった場合、そこで初めて異常が発見されても、保険会社は後から発見されたので事故とは無関係だと主張することもあります。
しかし、あきらめずに根気よく対応していくことが重要です。

【高次脳機能障害】
交通事故によって、脳の機能がうまく働かずに、感情のコントロールができない、記憶力が低下する、簡単な計算ができなくなるなどの症状がでる、高次脳機能障害というものがあります。
外見からは一見何の問題もなく見えてしまい、理解されにくく、本人も家族も苦しむという状況になりがちです。
日本には、高次脳機能障害の専門医が少なく、医師からも十分な理解を得られないことが多いのが現状です。
したがって、診断書に深刻な状態であることが明記されず、等級が低く認定されてしまい、損害賠償が減額されてしまいます。